だし巻きたまご

だし巻き卵

淡口醤油って、料理の本では見かけるけど、
使う機会ってなかなかない・・・

特に関東の方では調味料売り場にも淡口醤油はほとんど並んでいなくて、1本か2本ある程度。
ただ、淡口醤油を使う料理をもっていることって、料理ができそうな人って感じがしませんか?

一般的に淡口醤油は関西というイメージが強いかもしれませんが、
実際には九州などのその他の地域でも家庭の台所には濃口醤油と淡口醤油の2本あったりします。

塩分濃度はちょっと高くて、そのまま舐めるとしょっぱい醤油です。
だからこそ使う量を少なくできるので、彩りを大切にしたい煮物やお吸い物に最適とされています。
例えば、手軽にできるものとして「だし巻きたまご」はいかがですか?

ちょっと比較してみました。

淡口醤油・濃口醤油・溜醤油をそれぞれ同量を使って「だし巻きたまご」を作ってみます。
溶き卵にダシと醤油を加えると、すでにこんな色合いの違いが表れてきて、焼いてみてもこの通りです。
(左から淡口醤油・濃口醤油・溜醤油)

肝心の味は、やはり上品に仕上がるには淡口。
濃口はコクが加えられていますが、溜はだし巻きたまごに限ってはオススメできません・・・
見た目の美味しそうを演出する淡口醤油。黄色の綺麗なだし巻きたまごに、新鮮な赤色の濃口醤油をつけてどうぞ!大根おろしがあればなお良し。

材料

たまご2個 / だし 大さじ2 / 淡口醤油 少々
お好みで砂糖 少々

つくり方

  • 1.卵を割って、だしと淡口醤油も入れて混ぜる
  • 2.フライパンを熱し油を引く
  • 3.卵を数回に分けて流し入れ巻いていく
  • 4.焼きあがったら、熱いうちに「巻き簾(まきす)」またはラップで形を整える
    * 綺麗に焼くのは難しいですが、卵を加える度に油を引くと巻きやすいです。

使用した銘柄

龍野本造りうすくちしょうゆ

淡口の産地で有名な兵庫県龍野市

18

龍野本造りうすくちしょうゆ

だし巻たまごが綺麗な黄色に。淡口醤油は素材の彩りをそのままに演出します。
または、そのままかけて美味しい豆腐や白身のお刺身に。淡口だけど美味しい!が第一印象。

商品の購入