なすとにしんの煮物

なすとにしんの煮物

京都の定番おばんざい

煮込まれてクタクタになったなすに、にしんのうまみがたっぷりしみ込んだ京都の定番のおばんざい。だしは不要です。にしんがその代わりになるからです。濃口醤油と再仕込醤油のブレンドづかいで味にコクと深みが生まれます。見た目は醤油の色がしっかりとつきますが、味は濃すぎずほどよい甘辛味に。

材料

なす 4~6本
身欠きにしん(ソフト) 2本
500cc
醤油(濃口) 大さじ3
醤油(再仕込) 大さじ1
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ3
大さじ2
しょうが 適量

つくり方

  • 1. 身欠きにしんを一口大に切り、熱湯にさっと通して、流水にあてながらウロコを取り除く
    001001001
  • 2. なすはヘタを切り落とし食べやすい大きさに切り、皮に細かく切り目を入れ、水にさらす
    002
  • 3. 鍋に煮汁の材料を入れて煮立たせ、①を入れ、弱めの中火で10分ほど煮る
    003003
  • 4. ②のナスの水気をよくふき、鍋に加える
    004
  • 5. なすが柔らかくなるまで煮たら、器に盛り、千切りにしたしょうがをのせる

使用した銘柄

生成り、

若き造り手が挑んだ渾身の一滴

72

生成り、

淡口醤油の老舗がたっぷりの米麹の力を借りてまろやかな味に仕上げました。色も香りも控えめで素材を活かすことに徹した醤油です。

商品の購入

生成り、さいしこみ

若き造り手が挑んだ渾身の一滴

80

生成り、さいしこみ

大豆、小麦は福岡県糸島市産で、塩は沖縄のシママースと佐賀県の一の塩。甘みのある醤油が好まれる九州の土地で、シンプルな醤油造りに挑戦する若き造り手の渾身の一滴。

商品の購入