プリンに醤油でウニ風味?!

プリンに醤油

プリンに醤油

プリンに醤油をかけるとウニになる。
こんな話を耳にしたことのある方は多いはず。そこで、プッチンプリンを使って検証をしてみました。

まずは、醤油からだし醤油まで幅広く試食。しろたまり(白醤油)やみそたまりなどは塩プリン風味になっておいしいのですが、ウニ味とは違う方向性になってしまうので今回は除外しました。

だし醤油系はことごとく相性が悪かったです。おいしいとはいえない相性になってしまい、結果的にウニになりそうな雰囲気をもっているのは濃口醤油だろうということに。そこで続いては、濃口醤油に絞って比較をしていきます。

プリンに醤油

同じ濃口醤油でも相性の違いは大きい

同じ濃口醤油同士の比較なのですが、予想以上に相性の「よいもの」と「よくないもの」の差があって驚きでした。ポイントはプリンと醤油の一体感があるかどうか。一体感がないと醤油の味わいが強くなりすぎたり、醤油の香りの中でも発酵臭のような部分だけが増幅されてしまいます…。

逆に、一体感があると「あれ?!まずくない!」から、「意外においしい!」。さらには、「これはおいしいかも!」と印象が分かれます。

プリンに醤油

中でもおいしくて、ウニに近づきそうなものがこの2本でした。

にほんいち醤油・一番しぼり(岡直三郎商店)
丸大豆生しょうゆ(森田醤油)

最初はプリンを崩さないほうがウニの味に近そうだったので、できるだけくずさないように試食をしていました。ただ、口にいれた時はウニ感があるのに、徐々にプリンの甘みが出てきて口の中がプリンになってしまいます。先味はウニなのでが、後味はプリンなのです。

プリンに醤油

海苔とワサビのトッピング

この後味のプリンの甘みをなくすことができれば、ウニに近づけるのではないかと、海苔とワサビのトッピングに助けてもらうことに。ワサビと醤油を多めにかけて混ぜ合わせるのがポイントで、かなりウニ風味になってきます。

プリンのカラメルについては、海苔ワサビなしの時はプリンのない方がいいのですが、海苔ワサビありの時は一緒の方がよいようです。

プリンに醤油

軍艦巻きにすれば見た目もウニっぽい?!

材料

プッチンプリン 適量
醤油 適量
ワサビ 適量
のり 適量

つくり方

  • 1. まずは、プリンに醤油をかけて食べてみてください。かきまぜずにプリンの形を保ったままの状態で。
  • 2. カラメル部分は入れない方がよいと思います。
  • 3. 海苔とワサビのトッピングを加えます。この時はカラメル部分を入れたほうがよいと思います。ワサビと醤油を多めに加えてよくかき混ぜるとウニ風味に。

使用した銘柄

丸大豆生しょうゆ

一番ウニっぽくなる

24

丸大豆生しょうゆ

火入れをしていない生タイプの醤油でウニっぽくには適任で、塩気がいい感じです。先味はすごくウニで、後味にすごくプリンになります。海苔をワサビをトッピングすることで後味のプリン感を隠してよりウニ風味に。

商品の購入

にほんいち醤油

濃厚ウニ風味に

07

日本一しょうゆ一番絞り

上の「丸大豆生しょうゆ」と比較すると先味はまぁまぁ、ウニ。後味もまぁまぁ、ウニ。ウニ感の持続性にかけての適任。プリンと醤油の割合が大事で、うまくいけば濃厚ウニ風味に。

商品の購入