油そうめん

油そうめん

油そうめん

奄美大島や徳之島など奄美群島の郷土料理である油そうめん。奄美では、豊作を願う「八月踊り」や祝いの席、田植え、稲刈りなど、人が集まるときに欠かせない料理なのだそう。

奄美で食べた油そうめんは、シンプルで薄味ながらもクセになるおいしさでした。どうやらだしがポイントらしい。その思い出の味をいりこに加えて琥珀だしで再現!

材料

そうめん 4束
いりこ 20g
にら 1束
にんじん 5㎝
玉ねぎ 1/2個
150㏄
大さじ2
ごま油 大さじ2
醤油(琥珀だし) 大さじ3~4
少々
こしょう 少々

つくり方

  • 1.にらは5cm長さに、にんじんは5cm程の細切りに、玉ねぎは薄切りにする
  • 2.そうめんは固めにゆで、水でもみ洗いして水気をきっておく
  • 3.頭と内臓を取ったいりこをフライパンで乾煎りする
  • 4.香りがしてきたら水と酒、にんじんを加えてさっと煮る
  • 5.4にごま油と玉ねぎ、そうめんを加え、醤油・塩・こしょうで味をつけ、汁気がなくなるまで炒める

使用した銘柄

琥珀だし

原材料シンプルに黄金色のだし醤油

85

琥珀だし

白醤油と淡口醤油をベースにそうだ節、かつお節、さば節を加えただし醤油。茶碗蒸しであれば12倍ほどに薄めて。

商品の購入