登録
メールアドレスを入力ください。

解除
メールアドレスを入力ください。

[職人醤油通信 vol.033]醤油80人アンケート

2010.08.26

職人醤油の高橋万太郎です。こんにちは。


今号から醤油に関するご質問やご意見を募集して、
この職人醤油通信にて、ご紹介していきたいと考えています。

詳細は本メールの最後に記していますが、
お気軽にメールをお寄せいただけますと幸いです!
どうぞよろしくお願いいたします!



さて、1ヶ月ほど前のイベントなのですが、
7月25日に行われた東京カルチャーカルチャーでの醤油イベント。
約80名の方々にお集まりいただきました。


その中で、小皿に注いだ醤油の味比べをしていただき、
一番好きなものと一番苦手に感じたものを選んでいただいたのですが・・・

ラインナップしたのは、以下の5本。

1) 濃口醤油(本醸造)
2) 濃口醤油(混合)
3) 淡口醤油
4) 再仕込み醤油
5) 溜醤油



そして、
その結果が、



▼「好き」と選んだもの
----------------------
1) 濃口醤油(本醸造) 29%
2) 濃口醤油(混合) 25%
3) 淡口醤油 15%
4) 再仕込み醤油 19%
5) 溜醤油 12%



上記の結果は、様々な見方ができるかと思いますが、
「好き」で一極集中はなく、思いのほかバラバラになったなという印象。

多くの方が普段は濃口醤油をお使いだと思いますが、
その濃口を選んだ方は3割程度。


馴染みの薄いであろう濃口醤油(混合)は
甘いタイプの醤油なのですが、4人に1人がこれを選び、
2番人気となりました。


一方、

▼「苦手」と選んだもの
----------------------
1) 濃口醤油(本醸造) 8%
2) 濃口醤油(混合) 28%
3) 淡口醤油 8%
4) 再仕込み醤油 6%
5) 溜醤油 51%



多かったのは溜醤油。

また、「好き」の2番人気だった
濃口醤油(混合)は、「苦手」でも2番目でした。


ただ、今回は東京で行いましたが、これらを、
地域を変えて行うと結果も異なってきます。

現に、愛知県で同じ比較をすると、
ダントツに「好き」で選ばれたのが溜醤油でしたし、
また、焼肉に合わせてどれが「好き?嫌い?」と質問すれば、
東京の方でも溜醤油支持が急拡大していたと思います。


いつも実感するのですが、
醤油の好みは人それぞれ・・・面白いところでもあり、難しいところでもあります!





以下二つのコンテンツが、
職人醤油のサイトで連載されているのはご存知いただいていますでしょうか?

醤油の仕込み復活に挑戦している
城 慶典の進行形の記録集と、

黒島 慶子の小豆島を基点とした
醤油蔵の四季の日常をレポートするというもの。


--- 城 慶典の奮闘記 -------------------------------

桶の修繕を終えて、麹室(こうじむろ)の建設に着手するようです。
工場内の物置をリフォームするとのことですが・・・どのように姿を変えるのか?

*008.麹室(1)
http://www.s-shoyu.com/jo/index.htm



--- 黒島 慶子の醤油日記 (小豆島からの醤油レポート) -----

黒島さんによる小豆島からの醤油レポートを連載開始しています。
醤油の一大産地になっている小豆島。醤油の発酵は終わっているようですね。
デザイナーでもある黒島さんの写真はとっても綺麗。
醤油蔵の中って薄暗いので写真を撮るのが難しいのです・・・

*醤油ソムリエール 黒島慶子の醤油日記
http://www.s-shoyu.com/kuro/



是非、ご覧いただけますと幸いです!

----------------------------------------------------
[配信部数] 1,606

もどる

入門セットで、利き醤油

醤油が主役になるレシピ集

醤油の蔵元を探す

醤油を知って楽しむ一冊