熨斗(のし紙)について

のし紙の種類/のし紙とは

水引や熨斗(のし)を印刷した紙のことをさします。

お祝い事などのちょっとしたプレゼント、内祝(お祝い返し)などにご利用いただけます。

蝶結び(慶事)

蝶結びになっていますので「解けやすい=何度でも繰り返して良いお祝い事」に使用します。
例)一般的なお祝い、内祝(お祝い返し)、など

結び切り(慶事)

固結びになっていますので「解けない=繰り返すことを望まないお祝い事」に使用します。
例)結婚祝い、快気祝い、など

蝶結び(慶事)

弔事用のため必然的に結び切りとなります。
また、弔事の表書きは悲しみの涙で墨が薄くなることを表すため薄い墨で記載します。

のし紙の構造

  • 水引
    結び方によって「蝶結び」「結び切り」がありますので用途に応じて使い分けます。
  • のし(熨斗)
    慶事の際に添える飾りで、弔事にはつけない。
    また、贈答品が魚介類である場合は熨斗のない掛け紙を使用します。
  • 表書き
    贈る目的を書きます。
    書き方の例は下記の利用シーンをご参照下さい。
    [内祝]本来は内(自分)に起こった幸せを身近な人へ分け与えるという意味でしたが、現代ではお返しという意味合いになってきています。
  • 差出人(贈り主の氏名)
    個人の場合はフルネーム、家として贈る場合は姓のみ、出産内祝い(お返し)の場合は赤ちゃんの名前のみ、が一般的です。

差出人の記載

夫婦連名の場合

右に夫の氏名、左に妻の名のみを記載します。

3人以上の連盟の場合

目上の人を右から記載します。

宛名を記載する場合

宛名側が各上になるので、目上の人を左から記載します。

肩書きを記載する場合

氏名の右側に小さめに記載します。

線

利用シーン(一般)

事柄 イメージ 表書き 備考
結婚式の引き出物

寿

赤白の結びきりを使用します。
表書きは「寿」になります。
氏名は両家の姓を記載します。(右が新郎)

結婚式に出席していない方へは表書きを「内祝」とし、挙式後1ヶ月以内くらいまでにお返しの品物をお送りします。
出産祝い

御出産祝

祝 御出産

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「御出産祝」「祝 御出産」などになります。
氏名は差出人を記載します。

出産後1週間〜1ヶ月以内に。
出産内祝い

内祝

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「内祝」になります。
氏名は子供の名前を記載します。(ふりがな付き)

1ヶ月以内に。
快気祝い

快気祝

全快祝

赤白の結び切りを使用します。
表書きは「快気祝」「全快祝」などになります。
氏名は差出人を記載します。

復帰から10日以内に。
御見舞い

御見舞

祈御全快

赤白の結びきりを使用します。
表書きは「御見舞」「祈御全快」などになります。
氏名は差出人を記載します。

入院中、療養中に。
線

利用シーン(季節)

事柄 イメージ 表書き 備考
お年賀

御年賀

御年始

賀正

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「御年賀」「御年始」などになります。
氏名は差出人を記載します。

年始の挨拶の際に。
お中元

御中元

暑中御見舞

残暑御見舞

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「御中元」。時期が遅れた場合は「暑中御見舞」(目上の人へは「暑中御伺」など)になります。
氏名は差出人を記載します。

7月初旬〜15日が目安。(地域によって異なる場合があります)
お歳暮

御歳暮

寒中御見舞

余寒御伺

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「御歳暮」。時期が遅れた場合は「寒中御見舞」(目上の人へは「寒中御伺」など)になります。
氏名は差出人を記載します。

12月初旬〜20日が目安。
線

利用シーン(弔事)

事柄 イメージ 表書き 備考
香典返し

志(共通)

忌明志(仏式)

偲草(神式)

召天記念(キリスト教式)

黒白の結びきりを使用します。
表書きは「志」(共通)などになります。
氏名は喪主の氏名、または姓のみとなります。

四十九日の忌明け後(仏式)、五十日祭後(神式)、1ヶ月目の命日(キリスト教式)に。
線

利用シーン(お返し)

事柄 イメージ 表書き 備考
お返し全般

内祝

赤白の蝶結びを使用します。
表書きは「内祝」になります。
氏名は差出人を記載します。

Copyright (C) 株式会社 伝統デザイン工房 All Right Reserved.