溜醤油

濃厚さと”うま味”はNo.1

大豆を主原料に仕込水を少なくすることでうま味を凝縮させた醤油。熟成期間も長くなるので見た目は濃く独特の香りを有することも。うま味成分は醤油の中でもトップクラスなので、そのままつけ醤油としてや照り焼きに使うと綺麗な照りがでると好評。

中部地方を中心に製造されています。特に愛知県武豊町が主産地で大豆と塩のみの溜を手掛ける蔵元が軒を連ねています。小麦を使っていないことから、グルテンフリーの醤油として海外でも人気が高まっています。

大豆の旨味が凝縮した醤油

濃口は大豆と小麦を約半分ずつ使いますが、溜醤油は大豆がほとんど。大豆が多くなることでうま味成分の元になるアミノ酸の量が多くなります。また、仕込み水も少なくするため溜醤油はまさにうま味の宝庫。

大豆が多くて仕込み水が少なくなるので、仕込み方も異なります。味噌を仕込む時のように味噌玉をつくって上から重石をします。かき混ぜる攪拌作業の代わりに汲みかけ作業を数年間続けてようやく完成に至ります。

つけ醤油や照り焼きに

うま味がたっぷりなので、そのままつけ醤油として。照り焼きに使うと綺麗な照りがでると好評。赤身のお刺身や納豆にも相性は抜群です。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる