甘口醤油

甘みをつけた地醤油

甘みをつけた醤油で九州や北陸など地域に根差した味わいの醤油です。その土地で育った方にとってはこの味が醤油で、つけ醤油から料理まで使われると思いますが、初めての方には焼きおにぎりや卵かけご飯は人気が高い。白身の刺身にも。

甘い醤油の代表的な地域としては九州や北陸が挙げられますが、全国的に甘い醤油が好まれる地域は多いです。海沿いの地域ほど甘みが強かったりと、それぞれの土地に根ざした味わいがあります。地域によって甘さが驚くほど異なり、甘みの数ほど醤油蔵があり、これらの地域は醤油メーカーの数も多く残っています。

職人醤油が独自に定めている種類です

JAS規格に甘口醤油という区分はなく、濃口醤油の一部に定義されています。混合、混合醸造の製法のものを甘口醤油に職人醤油が独自に区分しています。原材料表示の名称部分に「こいくちしょうゆ(混合)」のように表記されています。

大豆、小麦、塩のみの濃口醤油は本醸造タイプで、製造途中(諸味)にアミノ酸液を加えるものが混合醸造で、搾った生揚醤油にアミノ酸液を加えるものが混合です。アミノ酸液と甘味料を併用するケースが多いので甘みのある醤油になっています。

まずは、卵かけごはんや焼きおにぎりで

地域によって甘さの種類や度合いが異なります。好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いな味。甘い醤油がはじめという方は、焼きおにぎりや卵かけご飯から入っていただくと違和感がないと思います。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる