醤3(ショウスリー)プロジェクト、始動!

ホーム 〉醤3(ショウスリー)プロジェクト、始動!

醤油を使い分けると、食はもっと楽しくなる。

料理に合わせてワインを選ぶように、醤油にも適材適所があります。例えばお寿司でも、赤身にはたまり醤油、白身には淡口醤油をかけるとおいしいと言われます。

けれどそうした「醤油の使い分け」を日頃からしている人は、日本でもそういないのではないでしょうか。「醤油を使い分け」を当たり前にする。そのために生まれたのが醤3(ショウスリー)プロジェクトです。

三口醤油皿を世の中のスタンダードにする。

「醤油の使い分け」が当たり前になれば、料理をもっとおいしく味わうことができる。そのために醤3プロジェクトでは、飲食店で使われる醤油皿を三口にすることを提案します。

焼肉屋さんの三口タレ皿がそうであるように、お寿司や刺身を食べる時の醤油皿が三口になることで、自然と「醤油の使い分け」を楽しむことができると考えました。

デザイナー 小林 幹也

醤3プロジェクトの2021年の活動

①三口醤油皿の開発

醤油の使い分けを楽しむための最適な醤油皿を新たに開発します。現在、プロダクトデザイナーの小林幹也さん、醤3プロジェクトメンバーとともにデザイン検討をはじめています。

②クラウドファンディングの実施

10月1日「醤油の日」にクラウドファンディングを実施する予定です。プロジェクトへの支援体制を強固にし、三口醤油皿の普及を加速させることが狙いです。

③醤油コーディネーターの育成

三口醤油皿の普及に合わせて、生活者目線での、よりおいしく、より楽しい醤油の使い方を提案できる「醤油コーディネーター」を新たに組織したいと考えています。定期的な勉強会を実施し、飲食店への醤油の使い方提案やメディア対応などを醤油コーディネーターが担当していく想定です。

④プロジェクトサイトの開設

三口醤油皿の購入や醤油の使い分けに関する問い合わせ窓口として機能させていきます。

みなさんと一緒に育てていくプロジェクトです。

醤3プロジェクトは、まだまだ発展途上です。醤油に携わる人、料理に携わる人、醤油が好きな人、醤油にまだ興味のない人。いろんな人と一緒に考えながら「醤油の使い分け」を世の中に浸透させていきたいと思っています。

もし少しでも興味を持っていただけたら是非一度ご連絡いただけると嬉しいです。日本の醤油文化を一緒に盛り上げていきましょう。

【本プロジェクトに関する問い合わせ】
職人醤油
お問い合わせはこちらから