Menu

醤油屋が新桶をつくる! その1

2013.09.17-20

醤油を仕込む大桶は高さ2メートルを超える巨大なもので、その桶を最初から最後まで手がけられる職人集団は日本に一つしか残っていないと思います。

では50年先はどうか?100年先は?
そんな危機感を抱いた蔵元が桶の自作に挑戦しています。

「桶仕込みの味を孫の代に伝えるためには自分たちで桶をつくるしかない!」と、2012年に地元の大工さんと共に大阪の藤井製桶所に出向いて修行。そして今回、自分たちだけで組み立て作業を行いました。

試行錯誤を繰り返したヤマロク醤油の4日間(2013年09月17日〜20日)をご紹介します。
*参考 木桶職人復活プロジェクト(2012年の修業の時の様子)

まずは板を削る。ひたすら削る。
曲線を保ちながら板を削るので、鉋(かんな)も特別仕様。
小さな誤差も積み重なると綺麗な円にならないので、繊細な力作業が続きます。
(*この作業と竹を切り出して形を整える作業は事前に準備しておきました。)

4日間の組み立て作業はこの工程から。
竹の釘を使って板を組んでいきます。上と下を合わせてトントントン・・・
竹クギが折れないか心配しながら作業していくと、なんとなく桶の形に!

でも、油断は禁物。安定することはなく、ゆらゆら桶が動きまわります。
「あぁ!こっち外れた!そっち押さえて!」「またダメだ!ここが外れた・・・」
イタチごっこを繰り返しながら、少しづつ形づくっていきます。

ようやく円形になると、鉄製のワイヤーで仮どめ。

これでもかって程にボルトで締め付けていきます。
時折、桶を叩いて歪みを補正していくと、段々と音が変わってきます。
綺麗な反響音を聞いて締まり具合を実感。

竹で箍(たが)を編みます。
師匠は一人ですいすい編みますが、今回は四人がかり。
13メートルの竹を折らないようにくれぐれも慎重に。

とにかく長い竹。
しならせる方向を間違うとバキッといって、最初からやり直しに・・・
こっちの方向だと分かっていても、竹が言うことを聞いてくれない!

桶に巻きつける7本の箍は全て大きさが違います。
ちょうどよい大きさを見極めるのが難しい。
小さすぎても大きすぎてもだめ。結局、20回以上のやり直し。

箍の内側に入れる「芯」。
外側からは見えない部分になりますが、
これがあるから箍と桶が密着し、膨らみのある見栄えも保ってくれるのです。

箍に芯を入れて桶にはめてみる。
大きさはこれでよいかの最終チェック。