醤油を楽しむレシピ集

牡蠣鍋

スープを変えて楽しむ牡蠣鍋

牡蠣の旨みがしみ出た、お鍋です。

白醤油と淡口醤油の味付けは、見た目通りさっぱりしつつも、しっかり満足できる味です。ちょっと味に変化をつけたいと思ったら、ごま油を数滴たらしてみて。

味噌に濃口醤油とみりんを加えた方は、コクがあり万人受けする濃いめの味。広島県の郷土料理である土手鍋などもそうですが、味噌と牡蠣との相性は抜群ですね。しめはラーメンで。

牡蠣 適量
ごぼう・長ねぎなどのお好きな野菜 適量
豆腐 適量
昆布 10cm1枚
適量
【淡口醤油ベースの調味料】
醤油(淡口) 小さじ2~大さじ1
醤油(白) 小さじ2~大さじ1
ごま油 適量
【味噌ベースの調味料】
醤油(濃口) 大さじ2
味噌 大さじ2
みりん 大さじ1
  • 1 牡蠣は塩水で洗って汚れをとる
  • 2 ごぼうはささがきにし、それ以外の具材は適当な大きさに切る
  • 3 鍋に昆布と水と【淡口醤油ベースの調味料】または【味噌ベースの調味料】、具材を入れて火にかける

淡口の産地で有名な兵庫県龍野市

18
龍野本造りうすくちしょうゆ
国産大豆・小麦を使った、正統派の淡口醤油。素材の色と風味を活かしたい料理にぴったりです。だし巻卵などはとっても綺麗に。塩やレモンの代わりにかけても良し。

普段使いにしたい木桶仕込み白醤油

78
ヤマシン白醤油
創業200年超の白醤油の老舗。素材を活かす醤油なので、お吸い物や炊き込みご飯、オリーブオイルと混ぜたりパスタなどへの活用も。

若き造り手が挑んだ渾身の一滴

72
生成り、こいくち
大豆、小麦、塩の全ての原料が九州産で、木桶で2年間熟成させた天然醸造醤油。甘みのある醤油が好まれる九州の土地で、シンプルな醤油造りに挑戦する若き造り手の渾身の一滴。

国産のもち米を使って3年熟成

82
みねたから
国産のもち米と米こうじを使って3年熟成。醸造アルコールがベースで焼酎独特の香りがなく素材のよさをしっかり活かしてくれる。

関連レシピ