職人醤油のお取扱いについて

ホーム 〉職人醤油のお取扱いについて

醤油で食はもっと楽しくなる。

これまでに400以上の醤油メーカーを訪問してきました。日本各地に食文化や郷土料理があるように、地域で愛される醤油には個性があるように感じまています。

醤油は他の醸造品と比べて人の手がたくさん加わることも特徴です。几帳面なつくり手の醤油は繊細で、チャレンジ精神旺盛なつくり手のは主張も強め。100mlの小瓶サイズで各蔵元の自信作を気軽にお楽しみいただけると嬉しいです。

約60蔵100種類の醤油です。

全て同規格の100mlビンで統一しています。職人醤油 代表の高橋万太郎が直接訪問してセレクトしています。濃厚な溜醤油から琥珀色の白醤油、九州の甘い醤油など、様々な個性の醤油です。

900mm棚に19本並びます

小スペースに複数の醤油を並べることもできますし、コーナーのコンセプトに応じてご自由にセレクトいただくこともできます。余裕をもって並べていただくなら900mm棚に18本。2フェース×9種類で並べていただくと大きめのPOPで商品情報を伝えやすくできます。

醤油を6種類に分けて提案しています。

一般的な調味料売り場では「濃口醤油が売れる…というか、濃口醤油しか売れない…」と、耳にすることがあります。素材を活かす白醤油や淡口醤油、熟成期間の長い再仕込醤油や溜醤油はソース代わりに使うことができ等、特徴を伝えるのが難しいと思います。

まずは、種類で分け、その特徴を伝えることで、具体的な用途提案がしやすくなると感じています。醤油を使い分けると、食はもっと楽しくなる。このシチュエーションを提案したいと思っています。

種類毎に色分けをして分かりやすく。

入門編的に手に取りやすい醤油をご提案することもできます。また、気になる醤油や近隣の蔵元を中心にセレクトいただくこともできますので、お気軽にご要望をお聞かせください。

種類ごとに強弱をつけることも。

醤油の種類ごとにボリュームを付けることも可能です。また、棚の大きさとコンセプトをお伝えをいただければ具体的な商品の組み合わせをご提案させていただくこともできます。

もっと分かりやすくには大好物醤油を。

職人醤油に紙のパッケージをかぶせたシリーズが大好物醤油です。一つの醤油に一つのおすすめ用途をイラストで表現しています。商品名やスペックではなく、「大好物」をきっかけに直感的に選んでいただきたいというコンセプトです。

パッケージは簡単に取り外しができます。
900mm棚2段で全24種類並べることができます。

木桶の醤油がおもしろい!

江戸時代までは、醤油などの基礎調味料は木桶でつくられていましたが、減少の一途をたどり出荷量は全体の1%以下まで落ち込んでいます。

ただ、ここ最近、若手の醸造家を中心に木桶仕込みを見直す動きが盛んです。「木桶での醤油づくりはおもしろい!」そして、「木桶の醤油はうまい!」と皆が口をそろえます。

お気軽にお問合せください!

お取引条件やこのようなコンセプトの棚をつくりたいなど、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。より詳細な資料も用意しています。メールアドレスをお伝えいただけましたらPDFデータでお送りさせていただきます。

POPや商品画像について

各銘柄に対応したPOPと、おすすめの活用用途を掲載したPOPの用意があります。お客様へのご説明やご案内もスムーズに行なっていただけると思います。

開いた画面の右上の「・・・」のボタンを押すと「写真をダウンロード」ボタンがでてきます。一括でダウンロードするとファイル名が「29-28p.jpg」のように数字が二重になる場合がありますが、pの前の数字が商品番号です。(上記の例だと28番です)

醤油の基礎知識

醤油に関するよくある質問をまとめました。このあたりの知識をおさえていただくとご紹介いただく時にスムーズになると思います。