醤油を楽しむレシピ集

ところてんのたれ

手づくり三杯酢で食べるとよりおいしい

ところてんを購入する際に付いてくるたれ。そのままかけて召し上がっていますよね。ちょっと手間がかかりますが、三杯酢を自分で作って食べてみると結構違いがあります。自分好みにできるのも手づくりのたれのいいところ。まずは基本の三杯酢の作り方をおさえましょう。

材料
大さじ3
醤油(濃口) 大さじ1
砂糖 大さじ2
だし お好みで酢の半分くらい

だしありかだしなしかもお好みで

基本の分量をおさえておけば、ところてんのほか、そのまま酢の物や和え物に使えます。また、だしを加えるか加えないかも好みが分かれるところ。だしなしだと酸味がしっかりあるのでさっぱりといただけます。だしありだとまろやかで最後まで飲み干したくなります。

おすすめは甘口醤油でだし多め

三杯酢のほか、砂糖なしの二杯酢(酢:醤油=3:2)や醤油の種類を変えて、ところてんと合わせて比べてみました。二杯酢は甘みがないので酢の酸味も醤油の味わいもしっかり感じます。ちょっと濃いかなと感じてだしを加えてみると、いい感じに。

続いて甘口醤油で試してみると、想像以上に醤油による違いがはっきりと感じられました。だしの分量も調整して、まろやかで食べやすく、思わず全部を飲み干してしまいたくなるおすすめはこちら!

材料
大さじ4
だし 大さじ4
醤油(甘口) 大さじ2
作り方
  • 1 酢・だし・醤油を合わせてたれを作る
  • 2 とこてんにかけていただく

まろやかさと甘さの岡山県醤油

66
ふしいち 桐
岡山県で広く愛されている甘いタイプの醤油で、鷹取醤油が代々つくり続けてきた味。見た目は淡口と濃口の中間くらいで甘みたっぷりが特徴。まろやかで甘みと旨みのある銘柄。