醤油を楽しむレシピ集

カルビをお醤油で

濃厚な再仕込醤油で肉を楽しむ

タレやソースの味ではなくて、素材の味を楽しみたいとくれば醤油の登場です。濃口醤油であっさりというのもいいのですが、ちょっと濃厚な再仕込醤油を使ってみてください。熟成期間が長くてうま味が凝縮されているので油との相性もばっちりです。 しかも、熱を加えると香りがどんどん良くなってきますので、そのままかけていただくのもあり、ワサビ醤油にしていただくのもありです。

材料
カルビ お好きなだけ
醤油(再仕込) 適量
作り方
  • 1 丁寧にカルビを焼く
  • 2 まずは、再仕込み醤油をそのままかけて味わう。醤油に熱が加わると香りが増してきます
  • 3 続いて、小皿に醤油をとってワサビ醤油にて。肉本来の美味しさをお楽しみいただけるはず

小豆島観光に欠かせない醤油蔵

43
鶴醤
深いコクとまろやかさの極限までの追求。約2年の熟成期間を経た生醤油を、さらに2年間ほど仕込む。ステーキにあわせると肉本来の味に出会えます。バニラアイスにも◎。

濃厚でありながらあっさりすっきり

41
甘露しょうゆ
富士山麓に湧く銀名水を使い、二年以上の歳月をかけて熟成。濃厚でありながら、あっさりすっきり。うま味がぎゅっと凝縮されているので、赤身のお刺身や煮物の隠し味に。