醤油を楽しむレシピ集

イサキの梅しょうゆ焼き

梅しょうゆでさっぱりだけどまろやかな味わい

イサキは東京での呼び名。「斑紋の目立つ魚」という意味があるそう。梅干しと「梅しょうゆ」の間違いない組み合わせで、さわやかな焼き物になりました。細かくたたいた梅干しが良いアクセントになります。下味がついたイサキは、こげやすいので気をつけてくださいね。

材料(4人分)
イサキ 4切れ
梅干し 4粒
梅しょうゆ 大さじ2
ししとう 8本
大葉 8枚
作り方
  • 1 梅ぼしは種をとって細かくたたき、梅しょうゆと混ぜ合わせ、イサキに絡めて少しおく
  • 2 大葉は千切りに、ししとうはへたを切ってさっと焼く
  • 3 イサキをグリルで焼く
  • 4 イサキ・ししとうを皿に盛り付け、大葉をのせる

自然な味の表現が大久保さんらしい

19
梅しょうゆ
シンプルな原材料に優しい風味、そして紫蘇を使っているからであろう綺麗に澄んだ赤い色。大久保さんの醤油(小大のひしお)をベースに和歌山県の「龍神梅」を使用。

合わせてもう一品