醤油を楽しむレシピ集

新じゃがで皮ごと肉じゃが

定番料理こそひと工夫を!

5~6月の新じゃがはみずみずしく皮が薄いので皮ごと食べられます。火の通りも早く、ホクホクとした食感が楽しめますよ。仕上げに加える再仕込醤油がポイント!味にコクがでますのでぜひお試しを。

もっとお手軽に肉じゃがを作りたい方や、料理初心者には、うま味たっぷりの「だししょうゆ」がおすすめです。醤油・みりん・だし・砂糖全てが入った1本は、お好みの濃さに薄めるだけでとにかく簡単。それなのにしっかりだしのきいた本格的な味に仕上がります。

材料(4人分)
新じゃがいも 3~4個
牛肉切り落とし 200g
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
スナップエンドウ 4~8さや
しらたき(アク抜き済) 1袋
醤油(再仕込) 小さじ2
300ml
【A】
砂糖 大さじ3
大さじ3
みりん 大さじ3
醤油(濃口) 大さじ4
作り方
  • 1 じゃがいもはよく洗って皮ごと食べやすい大きさに、玉ねぎは1.5cm幅のくし形切り、にんじんは一口大の乱切りにする
  • 2 しらたき・牛肉も食べやすい大きさに切る
  • 3 スナップエンドウは筋をとり、塩ゆでする
  • 4 鍋にサラダ油を熱し、牛肉を炒め、色が変わったら玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの順に加え、炒め合わせる
  • 5 全体に油が回ったら水を加えて火を強め、煮立ったらアクをとる
  • 6 中火にし、しらたきを加えたらAを入れ、落し蓋をしてじゃがいもが柔らかくなるまで煮る
  • 7 落し蓋をとって再仕込醤油を加え5分ほど煮たら火を止め、器に盛りスナップエンドウを飾る

昔のまんまなので多くは造れません

61
栄醤油
国産丸大豆・小麦を昔ながらの木桶で一年半熟成。蔵つき微生物の力がほのかなフルーティーな香りを醸し出します。

茨城県大豆で濃厚でまろやかな味

14
三年熟成
三年熟成による深い香味と塩味を感じさせないあっさり仕立て。大豆・小麦は茨城県産。チャーハンの仕上げに使っても。

料理の腕が上がってしまうだし醤油

57
国産有機醤油を使っただししょうゆ
木桶仕込みの国産有機醤油をベースに、喜界島の粗糖、能登の魚醤など厳選した素材を加えたうま味たっぷりのだし醤油。

合わせてもう一品