醤油を楽しむレシピ集

ふきのとうの天ぷら

みそたまりで下味のひと工夫

春の季節を表現する山菜として日本料理には欠かせない食材、ふきのとう。定番の天ぷらですが、「みそたまり」で下味をつけるひと工夫でそのままでもおいしい天ぷらに。鼻からぬける春の香りが心地よい一品です。大きくなり過ぎたものは苦味が強いので小ぶりのものがおすすめ。

材料(4人分)
ふきのとう 12個
溶き卵 1/2個分
冷水 1/3カップ
みそたまり 大さじ1
小麦粉 大さじ5
片栗粉 大さじ1
揚げ油 適量
作り方
  • 1 ふきのとうは外のガクを取って洗い、水気をふき取る
  • 2 溶き卵、冷水、みそたまりを混ぜ合わせ、振るった小麦粉と片栗粉を加えてさっくりと混ぜ合わせる
  • 3 ①のふきのとうの苞を少し広げて②をつけ、170度の油でカラッと揚げる

醤油感覚で使える味噌の上澄み

05
みそたまり
長期熟成の味噌から摂ることのできる「うま味」のエキス。醤油とは違ったコクが特徴で、天ぷらの下味やお肉に漬け込んで焼いても美味。お吸い物にもおすすめ。

合わせてもう一品