醤油を楽しむレシピ集

いくらの醤油漬け

手作りだからおいしい

ぷりぷりの鮭の筋子が店頭に並んだら・・・旬の時期だけのお楽しみです。新鮮ないくらと再仕込醤油の組み合わせ。色は濃いですが、 まろやかで大満足な仕上がりになりました。色をきれいに仕上げたい場合は淡口醤油で。好みのおいしさに仕上げることができるのは、手作りならではの楽しみですね。

材料
生筋子 250~300g
醤油(再仕込) 大さじ2
大さじ2
みりん 大さじ1
作り方
  • 1 鍋に酒・みりんを入れ、煮切ってアルコールを飛ばし、醤油を加えて冷ましておく
  • 2 生筋子を塩水でさっと洗い、汚れをとる
  • 3 ボウルにぬるま湯を入れ、生筋子を湯の中でほぐし、薄皮をとる(きれいになるまで数回繰り返す)
  • 4 ざるに上げて水気を切る
  • 5 清潔な容器に④を入れ、①を注いで冷蔵庫で半日から一晩置く

バニラアイスにかけてもおいしい醤油

43
鶴醤
深いコクとまろやかさの極限までの追求。約2年の熟成期間を経た生醤油を、さらに2年間ほど仕込む。ステーキにあわせると肉本来の味に出会えます。バニラアイスにも◎。

食する前に香りも楽しんで

37
甘露醤油
この醤油に出会って醤油の世界に魅了される方多し。一年醸造の諸味に再び醤油麹を加え、さらに米糀を加える。濃厚でありながら香りが抜群に美しく、発酵の奥深さを実感。