醤油を楽しむレシピ集

きゅうりとささみの炒め物

生で食べるにはちょっと大きい、柔らか過ぎるきゅうりを炒めてみました。ポイントはきゅうりの繊維に沿って切ることと、仕上げのお醤油。青臭さが飛んで、でも少し歯ごたえが残る仕上がり。思いのほかたくさん食べられますよ。
きゅうり
ささみ
ベーコン
片栗粉
ごま油
一味唐辛子
甘露しょうゆ
  • 1 きゅうりを縦5×横2センチ、厚み1センチ弱くらいに切る。ベーコンは幅1センチ弱くらいに切る。ささみは1センチくらいの斜め削ぎ切りにし、片栗粉をまぶす
  • 2 ベーコンをごま油で炒め、香りが出てきたらきゅうりを入れ、しばらく炒める。きゅうりに油が回ったら、ささみと塩少々を入れ、炒め合わせる
  • 3 ささみに火が通ったら、醤油を回しかけ、全体にからめる。仕上げに一味とうがらしをふる
  • 4 しばらく置いて味をなじませる。このとききゅうりから水が出るので味付けは少し濃い目でOK

濃厚でありながらあっさりすっきり

41
甘露しょうゆ
富士山麓に湧く銀名水を使い、二年以上の歳月をかけて熟成。濃厚でありながら、あっさりすっきり。うま味がぎゅっと凝縮されているので、赤身のお刺身や煮物の隠し味に。

関連レシピ