醤油を楽しむレシピ集

茶碗蒸し

優しい色とおいしいだしが決め手

茶碗蒸しを作る時、卵の色とだしの香りやうま味を活かすことができるのが淡口醤油です。そして淡口醤油の入門としてお使いいただきたいのが「龍野本造り」。和食の腕を上げたい!料理上手と言われたい!という方はぜひお試しください。濃口醤油と比べるとやや塩分が強いので、量を調整してしてくださいね。

材料(4人分)
2個
だし 300ml
みつば 適量
かまぼこ(薄切り) 4枚
少々
醤油(淡口) 小さじ2
作り方
  • 1 かつおと昆布でだしをとる
  • 2 だしに塩・醤油を入れて冷ます
  • 3 だしが冷めたら卵液と合わせ、漉す
  • 4 ③を容器に入れ、かまぼことみつばをのせる
  • 5 蒸し器に入れて強火で2分、弱火で10分程蒸す

淡口の産地で有名な兵庫県龍野市

18
龍野本造りうすくちしょうゆ
だし巻たまごが綺麗な黄色に。淡口醤油は素材の彩りをそのままに演出します。または、そのままかけて美味しい豆腐や白身のお刺身に。淡口だけど美味しい!が第一印象。

茶碗蒸しやお吸物の魅力を倍増

40
都淡口
京都の老舗料亭愛用の銘柄。かけてお使いいただくよりも調理にお使いいただくことをお薦めします。綺麗に透き通った色が特徴。煮物・お吸い物・クリームシチューの隠し味に。