醤油を楽しむレシピ集

親子丼の上達術

しっかりだしのきいたとろとろ親子丼

足立醸造の看板娘の七海さん。「小さなだししょうゆ」のおすすめの使い方を聞くと親子丼!と即答。確かにおいしいですし、薄めて使うタイプのだし醤油なのでそのまま使えて便利なんです。ただ、こんな使い方も見つけてしまいました。ひと手間かけてだしをひいて、この「小さなだししょうゆ」を醤油代わりに使っていただくのです。このだし醤油自体が多様なうま味成分のかたまりなのでさらに深みがでます。

材料(4人分)
鶏もも肉 100g
2~3個
玉ねぎ 1/2個
三つ葉 適量
だし 80ml
小さなだし醤油 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
作り方
  • 1 鶏もも肉は一口大に切っておく
  • 2 鍋にだしと醤油を入れ、煮立ったら鶏肉と玉ねぎを入れ2~3分煮る
  • 3 溶き卵を半量分入れ、蓋をして1分ほどしてから残りの卵を入れて半熟になったら火をとめる
  • 4 丼にご飯を盛って具を汁ごとのせ、三つ葉をちらす

料理の腕が上がってしまうだし醤油

57
小さなだししょうゆ
国産原料を使った有機醤油にたっぷりの鰹だしと能登のいか魚醤、喜界島粗糖と本格三河みりん。希釈用なので麺類のつゆや親子丼、そのままで卵かけご飯や納豆にも。