醤油を楽しむレシピ集

ステーキと醤油

ステーキの美味しい食べ方

上質な肉はその美味しさが引き立つわさび醤油で食べたい!そう思う方は少なくないはず。あっさりキレのある濃口醤油でいただくのもあり。濃厚でうまみたっぷりの再仕込醤油でいただくのもあり。どちらも肉本来のおいしさをお楽しみいただけるはずです。

材料(4人分)
ステーキ肉 4枚
牛脂 適量
醤油 適量
わさび 適量
作り方
  • 1 肉を冷蔵庫から取り出し、常温にもどしておく
  • 2 フライパンを熱し、牛脂をひいて肉を焼く
  • 3 肉を食べやすい大きさに切り、お好みの醤油とわさびでいただく

ステーキ×醤油の検証!

ステーキに合う醤油はどれか?

それを検証するために醤油をかかえてステーキ宮へ。ステーキ宮といえば宮のたれ。これがやっぱりすごく上手に出来ていてステーキに合うなぁと思うのですが、今回はおあずけ。宮のたれは除いて、ステーキに合う醤油を探ります!

肉が足りないかもしれない

持参したのは、全部で10本程。肉には肉のうま味に負けない濃厚な醤油を…ということで、濃厚系を中心に選びました。

ステーキが運ばれてきて、検証開始!のはずが、もしかしてこれじゃあ肉が足りないんじゃないの?という不安がよぎります。大きいサイズにしておけば良かった…。一口を小さめにカットして、さあ始めましょう。

いちばんのおすすめはこれ!!

菊醤はキレのある正統派濃口醤油。最初に感じる醤油の塩味とうま味、あとからやってくる肉の脂の甘みとうま味。そのバランスの良さは圧倒的でした!ステーキ好きな海外のお客様にも人気の1本。

黒大豆原料であっさりとキレが共存

44
菊醤
旨み成分の強い大粒の丹波黒豆を使用した、高貴な香りとキレのある旨みの正統派。あっさり目の味と端麗な色が特徴の木桶仕込み。卵かけご飯をぐっと引き立てます。

さっぱりいただくならこれ!

肉には濃厚な醤油というイメージがあったので、ちょっと意外ではあるけれどぜひおすすめしたいのは淡紫。わさび醤油であっさりさっぱり。肉のうまみがダイレクトにやってきます。ちょっといい肉を味わいたいときにはぜひお試しください。

かけ醤油としても素材を活かす淡口

16
淡紫
淡口醤油の老舗がたっぷりの米麹の力を借りてまろやかな味に仕上げました。色も香りも控えめで素材を活かすことに徹した醤油です。美味しい豆腐や、新鮮な刺身や野菜に。

コクとまろやかさを求める方には

肉に負けない濃厚さはほしいけど、醤油の香りや塩味が前面に出過ぎるのはちょっと…という方には、みそたまりがブレンドされた京丹波六右ェ門がおすすめ。コクはあるけどまろやか、肉のうま味をしっかりつつんでくれるような味わいになります。

黒豆味噌の上澄みと丸大豆の醤油

17
京丹波六右ェ門
丹波の澄んだ水と丹波黒大豆から造られた最高級みそである「天然醸造黒豆みそ」と、末廣醤油の「天然醸造丸大豆醤油」をブレンド。香り高くまろやかで甘味のある醤油です。

濃厚醤油はやっぱり合う!

肉の脂やうま味に負けない濃厚な醤油も忘れてはいけません。どちらもわさび醤油は特におすすめ。バターやガーリックなどを加えても醤油の存在感を活かしつつ、ステーキを美味しくしてくれるはずです。

この濃厚さはステーキにも負けない

33
重ね仕込み醤油
再仕込み醤油の中でもトップレベルに濃厚。好き嫌いも分かれる程の個性派!とても濃厚で肉につりあっていくことができる醤油なので、ステーキに溶かしバターソースで。

原材料に大豆と塩のみは本場の証

50
尾張のたまり
うま味成分の多さでは溜醤油はトップクラス。熱を加えることで香りと照りがでてきます。黒胡椒と溜のシンプルな味付けでぜひ。

関連レシピ