醤油を楽しむレシピ集

小暑

2019年7月7日

小暑とは、梅雨が明け、暑さが本格的になるころ。海や山に出かけるのにもいい時期です。暑中見舞いを出す期間でもあります。暑い夏を乗り切るために、たくさん食べ、体力をつけておきたいところです。

きゅうりとトマト

きゅうり、トマトといった食材はスーパーで1年中見かけますが、旬は今のこの時期。 体を冷やしてくれる作用があり、水分補給にも効果的なので積極的にとりたい食材です。

お好みの薬味とそうめんのための小さなおかずと、おいしいつゆ。旬のものを使えば、それだけでごちそうになります。豆乳・練りごま・めかぶ・納豆…などなど、つゆのアレンジはまだまだ楽しめそうです。

冬瓜

水分たっぷり、さっぱりとした食感で食べやすい夏野菜ですが、冬まで貯蔵できることから「冬瓜」の名がついたそうです。

夏の和食の定番。あっさり味で、食欲のないときにもおすすめです。冷やしてもおいしくいただけます。きれいな翡翠色になるよう、皮を薄くむくのがポイント。

ピーマン

6月~8月が旬のピーマン。緑色のピーマンは未熟果で、完熟させると赤ピーマンになります。子供が嫌いな野菜としても定番ですが、ビタミンをはじめ栄養価が高いので、ぜひ子供にも食べて欲しい野菜なんです。

夏野菜の代表ともいえるピーマンと鶏胸肉は天ぷらで。どちらもビタミンたっぷりで、暑さで疲れた体を元気にしてくれます。そうめんともよく合いますよ。

他の季節のレシピを探す

関連レシピ