醤油を楽しむレシピ集

大暑

7月23日頃

読んで字の如く、一年でもっとも暑さが厳しく感じられるころ。体力を保つために鰻を食べる「土用の丑」や、各地でのお祭り、花火大会もこの時期にたくさん行われ、夏の風物詩が目白押しです。

モロヘイヤ

ネバネバが癖になる、モロヘイヤ。夏バテしやすい方にはおすすめの食材です。ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養価が抜群。

つるつるっとした食感と喉越しのよいお吸い物です。モロヘイヤたっぷりで栄養満点!短時間でさっと作れるので、なるべく火を使いたくない真夏の暑い日にもおすすめです。

夏野菜

カラフルな夏野菜たち。実はかぼちゃの収穫のピークは夏。貯蔵によって秋から冬ごろに甘みが増します。なすは、ヘタの切れ目が茶色くないものが新鮮です。

揚げ浸しは野菜がたっぷりおいしく食べられます!野菜の種類が多いほど彩りも良くなりますので、ぜひいろいろな野菜を使って。たっぷり作って冷やしておくと、おもてなしにも便利です。

うなぎ

天然うなぎは、5月から獲れはじめ、12月には漁が終了するので、旬は秋から冬にかけての時期です。夏はまだ脂がのっていないので、実は旬ではありませんが、ビタミンを豊富に含んでいるうなぎは、夏バテ解消には最適なのです!

手作りのタレをたっぷりかけたうな重で夏バテ予防!煮詰めるだけの簡単タレです。余ったタレは、豚肉・鶏肉・なすやちくわにも。アレンジしやすい万能タレです。

他の季節のレシピを探す

関連レシピ