醤油を楽しむレシピ集

ホーム醤油を楽しむレシピ集醤油のおいしい使い方 〉回転寿司に持っていく醤油

回転寿司に持っていく醤油

ひたすらサーモンで比べてみました!

回転寿司にどの醤油を持参すべきか?

それを検証するために15本をかかえてかっぱ寿司に。ただ、やみくもにお寿司と醤油をあわせていっても、途中で訳がわからなくなってしまいそうだったので、一つのネタに絞ることに。

回転寿司の人気ネタを調べて、サーモンに決定。

シンプルなサーモンには

サーモンのお皿しか手にしてはダメというルールのもと、最初から波乱がありました。

どんな素材とも安定した相性を発揮する濃口醤油が思ったほどでした…。一方、淡口だと臭みだけをキレイに消してくれて、再仕込だとうま味も加えた一体感に。

サーモンの生臭さを消して味を活かす。醤油の香りが少ないのがいい。これもアリです。
醤油とサーモンと、それぞれのよさが活きてこない。一体感がない印象。
醤油が濃厚だけど、だからこそちょうどよい一体感になり好印象。
じっくりと噛み続けると味が変化。じわじわと魚のあまみを楽しむことができます。
にんにく醤油の香りがプラスされて、生臭さを消しつつ、さっぱり食べられます。

タマネギ+サーモンには

タマネギがのったサーモンになると事情が変わってきて、さきほど一番人気にだった再仕込みが×になります。濃厚な醤油がタマネギの風味を消してしまい、食感しか感じなくなります。一方、淡口だとタマネギの甘みまでしっかり味わうことができました。

タマネギサーモンにはこれ。タマネギの甘さを引き立ててくれます。
万能的に普通のおいしさ。いつも通りの濃口の存在感です。
×
先程一番人気だった再仕込もタマネギには不向き。その甘さを活かせません。
悪くはないです。再仕込よりはよいのですが、淡口と比べてしまうと・・・
最初はみその香り。その後に味が変化しておもしろい。ひとあじ違うを味わいたいときに。
マヨネーズ炙りサーモンには

マヨネーズがのって炙ってあるサーモンには溜醤油がおいしく感じます。マヨネーズの濃いめの味わいと炙りの香りに、淡口ではつりあいが取れず、溜の濃厚さと独特の香りがちょうどよい一体感でした。スモーク醤油も炙りと燻製の香りがよい相性です。

×
しょっぱさが際立ってしまい、あぶりのよさと香りがでてこない。
これも相変わらずの安定感。無難においしいです。
マヨネーズの味わいが強いので、再仕込みもおいしい。
しっかりとした濃厚な味わいが全体をきれいにまとめています。
しんぷるなサーモンには△ですが、炙りには◎。スモークの香りと炙りの香りがいい。

番外編:ガリにおいしい醤油は

ガリはそのまま口にする方も多いと思いますが、醤油につけると味わいが少し変わるのでおすすめです。中でも、淡口、溜、みそたまりはそれぞれに個性を発揮してくれます。

塩漬け風でシンプルなおいしさ
一番馴染みやすいかも。
ぜんぜん悪くはないです。
たまり漬けといわれるように醤油の味わいがしっかり
ほのかに主張もあって創作ガリのような。深みができます。

関連レシピ