醤油を楽しむレシピ集

らきょうの醤油漬け

すぐ食べられる醤油漬け

らっきょうを刻んでから漬けるので、すぐに食べられます。甘いらっきょう漬けが苦手な方にはぜひお試しいただきたい!濃口醤油に、少し加える酢とごま油が止まらないおいしさに仕上げてくれます。白いご飯にも、豆腐にも肉にも。ビールにもよく合いますよ!!

材料
らっきょう 100g
醤油(濃口) 50ml
小さじ2
ごま油 小さじ1
作り方
  • 1 らっきょうは土を洗って上下を切り落とし、薄皮をむく
  • 2 らっきょうの水気をよく拭き取り、縦半分に切ったあと、薄切りにする
  • 3 保存容器にらっきょうと調味料を入れ、冷蔵庫に入れて1日1回混ぜる
  • 4 2~3日たったらできあがり

若き造り手が挑んだ渾身の一滴

72
生成り、こいくち
大豆、小麦、塩の全ての原料が九州産で、木桶で2年間熟成させた天然醸造醤油。甘みのある醤油が好まれる九州の土地で、シンプルな醤油造りに挑戦する若き造り手の渾身の一滴。

たまり漬け

ここ数年、我が家では定番のたまり漬け。たまり漬けにはとにかく「みのび」がおすすめ。ほかの醤油だともの足りなく感じてしまうかも。らっきょうの甘酢漬けに飽きてしまったら、ぜひお試しください。

材料
らっきょう 100g
醤油(溜) 30ml
30ml
さとう 40~50g
鷹の爪 お好みで
作り方
  • 1 らっきょうは土を洗って上下を切り落とし、薄皮をむき、水分をよく拭き取る
  • 2 鍋に調味料を入れてひと煮立ちさせる
  • 3 保存容器にらっきょうを入れて熱いままの2を加え、粗熱がとれたら蓋をして冷蔵庫で保存する
  • 4 食べごろは漬けてから2週間後くらいです

濃口換算で三分の一しか造れない

26
みのび
一般的な濃口醤油と比べて、仕込み水が少ないため濃厚でうま味が凝縮されています。山川醸造のたまりを使う名古屋地域の飲食店は1000以上。地域の味を支えてきた存在。