醤油を楽しむレシピ集

牛丼

大人も子供も大好きな定番メニュー

最近はチェーン店がたくさんあるので、牛丼はお店で食べる派の方も多いかと思いますが、牛丼を作るのはとっても簡単なんです。我が家はスーパーで牛肉が安い時にまとめて作ります。一食分ずつ分けて冷凍しておけば、いつでもすぐ食べられて便利。ぜひお好みの醤油でおうちでも作ってみてください。

 

材料(4人分)
ご飯 適量
牛肉(薄切り・切り落とし) 400~500g
玉ねぎ 1~2個
しょうが 1片
【A】
200ml
醤油 大さじ4
大さじ3
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ3
作り方
  • 1 牛肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎはくし型に切る
  • 2 しょうがは皮をむいて千切りにする
  • 3 鍋にAとしょうが、玉ねぎを入れて中火で5分ほど煮る
  • 4 牛肉をほぐしながら加える
  • 5 アクを取り、弱めの中火で15~20分ほど煮る
  • 6 ご飯の上に牛丼の具をのせ、お好みで紅しょうがを添える

5種類の醤油で味比べ!

醤油の種類だけを変えて、その他の材料・分量は同じで作って比べてみました。すると、色の違いが想像以上にはっきりとでました。きれいなグラデーションです。色が濃くなるほど味もしっかり濃厚になります。

  • 甘さが強く、醤油の香りはほとんどありません。小鉢にちょっとおかずとしてならありだが、牛丼としては甘さがくどく感じてしまうかも。
  • あっさりで上品な味わいなので、さっぱりめの牛丼を欲するときに。6種の中でしょうがの風味を一番しっかり感じます。
  • ご飯との相性がよく、バランスのとれたいつもの牛丼の味。再仕込や溜を食べたあとだと、少し物足りなく感じてしまいます。
  • 濃いめの味付けが好きな人向け。醤油感は強めですが、肉のうま味もしっかり味わえ、ご飯が進みます。
  • 色はかなり濃く仕上がります。濃厚だけどまろやかでしぐれ煮のような味わい。がっつり系牛丼として大いにあり。

気分や好みで使い分けて

それぞれに味の違いがしっかり出た牛丼ですが、最後に全部の具を合わせてもう一度煮てみました。するとこれがなんだかとってもいい味だったのです!醤油のブレンドもなかなかおもしろそう。

気分や好みに合わせて醤油を変えて牛丼を作ると、いつもとはひと味ちがった仕上がりになって楽しいですよ。