醤油の知識

ホーム 〉醤油の知識 〉 生産者・産地 〉 甘口醤油が好まれる理由

甘口醤油が好まれる理由

多くの地域で使われています

「九州の醤油は甘い!」と聞かれたことのある方はいると思いますが、九州や中国地方、北陸地方など、地域によって甘いタイプの醤油が一般的につかわれています。

このタイプの醤油に慣れていない方は驚かれるかもしれませんが、これらの地域のスーパーにいくと甘口タイプの醤油がずらりと並んでいて、逆に甘くない醤油の方が珍しいという場合もあります。地域に根付いた醤油というわけです。

甘味料で甘みをつけています

甘口醤油は甘草、ステビア、サッカリンなどの甘味料を入れることによって甘みをつけています。これらを加物が入っている醤油だからよくないものだという意見を耳にすることも事実です。

ただ、その地域ではこれが醤油として愛されていて、甘さの加減が醤油蔵によって異なるので、「祖母の時代からずっと●●醤油を使っている」という声を聞くと一概に否定すべきではないとも感じています。

醤油蔵によって甘さが違う

この甘さの違いというのが面白くて、海に近い地域ほど甘さが増していく傾向があったり、同じ九州でも南に行くほどに甘さが増していき、北陸の方だと能登半島を北に進むほどに甘さが増してくるなども傾向もあります。

馬刺しや白身の刺身や卵かけご飯、焼きおにぎりなどにはとても相性の良い醤油だと感じています。

九州の甘さの理由には諸説あり

各地になぜ甘い醤油が浸透したのか、はっきりしたことはわかりません。甘口代表の地である九州では焼酎に甘口の料理が合うから、出島でのオランダ貿易で砂糖がたくさん輸入されていたからなど諸説あります。

そんな甘口に親しむ家庭にお邪魔すると、甘口の濃口醤油と淡口醤油に加え、もっと甘い刺身醤油の3本が常備されていることもあります。関東の人が見ると3本の醤油を使い分けているの?!と驚くのでは?

・ 甘い理由は諸説あり
・ 気温が高いほど生理的に甘いものを欲する
・ 奄美大島など砂糖の産地が近い
・ 漁師が船の上で食事を作るとき、砂糖と醤油両方なくても甘い醤油1本で調味でき、エネルギー補給にもなった
・ 長崎の出島を通してオランダと貿易があり、砂糖の大量輸入があった(それによって、カステラなどのお菓子が名産になりシュガーロードと呼ばれるものも)
・ オランダの味覚が九州の味に影響を与えた(料理例:しっぽく料理、豚の角煮)
・ 蒸留酒である焼酎は糖分を含まないので、甘い料理に合う