メールマガジン

ホーム 〉メールマガジン 〉vol.113|職人醤油の本ができます

vol.113|職人醤油の本ができます

職人醤油の高橋万太郎です。こんにちは。

4月20日は二十四節気の「穀雨」。
春の柔らかな雨に農作物がうるおうという意味で、
この時期に農作業を始めると雨に恵まれ、
よく成長するといわれているそうですね。





さて、ごく個人的な内容なのですが、
先日、こんなメッセージが届きました。


「あれはいい記事だった。以上。」


送り主は学生時代の先輩。
この先輩を追いかけて就職活動をしたくらい、
ずっと憧れの存在なのですが、
同時に一筋縄でいかないのです。

今回届いたのも冒頭のたった一行のメッセージだけ。
いつも禅問答のようなやりとりで、
ストレートに答えを明かしてくれません。


背筋をピンと伸ばして、
このメッセージを見つめながら、

「あの記事とは、どの記事だ・・・?」
「いや、このメッセージの裏側に何かありそうだ・・・?」

懸命に記憶をさかのぼって、
想像力を膨らませます・・・。


結局、先日取材をいただいた記事だと判明。
下北沢にあるアボカド専門店の立ち呑み屋「あぼ太郎」さんから
紹介をいただき、ライターの工藤真衣子さんに書いていただいたものです。

職人醤油を紹介いただいたもので、
すごーく長い記事なのですが、どうぞご覧ください。

メシ通
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maiko-kudou/19-00103



—————————————–
職人醤油の本ができます
—————————————–

45の醤油蔵との出来事を書いた本が出版されます。

私が全国の蔵元を訪ね歩いた探訪記で、
蔵人との出会いや、その後のエピソードなど、
醤油の「つくり手」にスポットライトを当てた内容になっています

5月25日発売予定で、
関連したイベントも開催していきたいと思っていますが、
amazonや楽天ブックスで予約受付中です。
ぜひご予約いただけると嬉しいです。

「にっぽん醤油蔵めぐり」
https://www.s-shoyu.com/news/kurabook.html



—————————————–
母の日の贈りもの
—————————————–

5月12日の母の日。

「ありがとう」の想いを込めて、
料理が大好きなお母さんに醤油のおくりものはいかがでしょうか?

定番の醤油やめずらしい醤油など、
毎日の醤油をよりお楽しみいただける醤油に
母の日ラッピングをしてお届けいたします。

https://www.s-kura.com/?mode=grp&gid=1608726


—————————————–
4月27日 松屋銀座でミニイベント
—————————————–

5ツ星お米マイスター 澁谷梨絵さんと
松屋銀座にて試食&トークイベントを行います。

平成の30年の間に、
お米がどのように変化をしてきたのか?
試食をしながら一緒に試行錯誤していただく内容です。

日時:4月27日(土)14時~ (1時間程度)
会場:松屋銀座 地下2階 ライブキッチン(職人醤油の目の前)
事前予約制/定員 6名/参加費 540円(税込)

イベントの詳細はこちらから
https://www.s-shoyu.com/event/190427.html

*食品フロアのイベントスペースです。
 周りにはお買物をされている方がいらっしゃる中で、
 机をセッティングしての開催です。
*ご予約いただいた方は有料ですが着席&試食が付きます。(6名
*立ち見の場合は無料で事前予約は不要です。お時間に直接会場までお越しください。

[予約方法]
松屋銀座店の店頭でのご予約か、
松屋銀座 地下2階グロッサリー売場までのお電話(03-3567-1211(代表))、
または、本メールに返信いただく形でお名前とお電話番号をご連絡ください。
*先着順なので満席の場合はご容赦願います。


—————————————–
最近、頻繁に発信しています
—————————————–

◆職人醤油のツイッター
https://twitter.com/s_shoyu

◆職人醤油のインスタグラム
https://www.instagram.com/syokuninshoyu/


ぜひ「#職人醤油」をつけて
ご感想や醤油の活用レシピを投稿いただけたら嬉しいです。
気軽に直接のコミュニケーションを
させていただけることを楽しみにしています。



また、メールさせていただきます。



—————————————–
[編集・発行] 職人醤油 https://www.s-shoyu.com/
—————————————–
[配信部数] 13,314
—————————————–