醤油の知識

ふね(圧搾機)

醤油を搾る道具でバスタブのような形をしている。諸味を袋に入れて積み重ねて、上から圧力をかけて圧搾をする。日本酒などの圧搾にも見られる形。

昔ながらの製法を続ける蔵元で目にする機会が多いが全体としては少数派。醤油を袋に入れて搾る方式だと、袋に入れる作業や圧搾後に醤油粕を取り出して、さらには袋を洗濯するなどの手間がかかる。また、醤油粕が比較的厚めになってしまうので収量も少なくなってしまう傾向にある。

ただ、昔は水圧や油圧機が開発される以前には上から垂直に圧力をかけることが難しかったため、長い棒をかけて棒の先端に重石を吊り下げることで、つまり梃子の原理を用いて圧力をかけていた。その時にはこの形式が欠かせなかったと思われる。