醤油の知識

醤油の保存方法

開栓前は冷暗所。開栓後は冷蔵庫がおすすめです。

最近は密閉式の容器を目にする機会も増えて、醤油に鮮度があるという認識も広まってきたように感じますが、醤油は酸素と触れることで酸化が進みます。

開栓前は冷暗所で、開栓後は冷蔵庫で保管いただくことをおすすめします。

開封したら一ヶ月を目安に

開封して1ヶ月も経てば、透明感のある赤色はくすんだ茶色になり、次第に黒色になってしまいます。すっきりとして余韻に甘味が広がる香りもひねた印象に。味にえぐみが出てきてしまいます。

開封後は1か月を目安に使い切っていただくことをおすすめしています。表現を変えると、1か月で使い切る程度の容量の醤油をお求めになるのがよろしいと思います。

賞味期限の設定

醤油の賞味期限は種類・容器によって異なり、以下のようなガイドラインがあります。

ガラス瓶とペットボトルを比較すると、ペットボトルは酸素の透過性があるので、賞味期限は短めに設定されています。一方、ガラス瓶に入れた時の賞味期限は長く設定されています。ただ、蔵元によっては「自蔵の醤油が美味しく食べていただける期間」としてより短く設定をしている場合もあります。

美味しさを保つには光、熱、空気を避ける

醤油をおいしく保つコツは、「光」「熱」「空気」から守ることです。

この3要素を遮断することで酸化が進むスピードをゆっくりにすることができます。冷蔵庫の中は光と熱から醤油を守ることができるので、開栓後は冷蔵庫をおすすめしています。

待望の密封ボトル

2009年頃に新たに開発された容器が「密封ボトル」。醤油を注いだ時にできる容器内の隙間に空気が入るのを防ぐ仕組みになっています。

新鮮で美味しい醤油を使って欲しいと願う醤油メーカーにとって待望の容器となりました。醤油の酸化はゆっくりと進むので変化に気づきにくいものですが、新鮮な醤油はやはりおいしく感じます。ぜひ毎日新鮮な醤油を使ってください。