醤油の知識

ホーム 〉醤油の知識 〉 万太郎コラム 〉 鳥山海苔店(3)パワフルな女将さん

鳥山海苔店(3)パワフルな女将さん

鳥山海苔店のもう一人の主役がこの女将さん。
浩司さんのお母様で海苔の業界歴は48年。海苔を焼いている最中も、「この海苔は抜群に美味しいからね。ほれ、食べてみな!」

とにかくパワフル。
そして、この笑顔がとっても印象的なんです。

もう一度、お店の看板に注目してみてください。

  当店では厳選した千葉県産のりを
  一枚一枚 心をこめて
  自店で焼き上げております。

「自店で焼き上げております」というのがポイントで、
そもそも焼いてから売っていると初めて知りました。

特注の専用機械で焼いていきます。
鉄製の網がベルトコンベアーのようにぐるぐる回転していて、
海苔を一枚一枚送り込んでいきます。

内部では遠赤外線で200℃近い熱をかけて焼きあげていきます。
そして、このように出てきます。ただ、ここにも技があるそうで、焼き方をその都度変えているそうです。

「海苔の種類や等級によって、海苔の個性が違うので適した焼き方も違いますよね。
今まではその調整が難しかったのですが、機械を特注して焼く温度と海苔を送るスピードを細かく調整することができるようにしたんです。最初の数枚で焼き加減を見ます。まんべんなく綺麗な深緑色になるように徐々に調整していくのです。」

この焼く作業が鳥山海苔店の朝の日課。
店内の様子。レジの後ろのここの部分が商品の保管場所。

「ここだけしかないんです。」

「朝焼いたものがここにストックされるのですが、これだけしかストックできないので、焼いて売って、焼いて売っての繰り返しなんです。やはり焼きたてが一番美味しいですからね。」

「そういえば、海苔の賞味期限ってどのくらいなんですか?」

「海苔の賞味期限は結構長いんです。ただ、その期間の根拠は除湿剤の有効期限だったりするんです。海苔の美味しさからいったら新鮮なうちが美味しいのは絶対だと思いますよ。」

これ、鳥山海苔店のポイントカードなのですが、いわゆる普通のポイントカードです。

ただ、ちょっと面白いのがその保管場所なのです。
お店の一角に小さな棚があって、お客様のお名前毎に保管されています。

「ポイントカードって結構無くすじゃないですか。持ち歩くと財布も分厚くなってしまいますし・・・だからうちでは常連さんにはお店で保管しておいて、その都度取り出してスタンプを押すようにしているんです。」

お客様とのこんな接し方をしているのも鳥山さんならでは。

このお店への直接のお問い合わせ
焼のり工房 鳥山海苔店
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町2-4-20
TEL 027-231-5543 FAX 027-231-5543
http://www.torinori.com/