醤油を楽しむレシピ集

豆腐と醤油

豆腐に合う醤油は?

お客様からの質問で多いのが「豆腐に合う醤油はどれですか?」というもの。そこで、あらためて豆腐と醤油の相性を検証。さまざまなタイプの豆腐をどどんとまとめて買ってきました!

開始前は豆腐でこんなにもお腹いっぱいになるとは思いもせず……検証開始です。

豆腐といってもいろいろあるんです

絹豆腐、木綿豆腐、よせ豆腐。さらには、同じ種類の豆腐でも大豆の甘みも感じるような「おいしい豆腐」と、スーパーで比較的安めに売られている「普通の豆腐」。それぞれで相性のよい醤油は違うわけで・・・そしてもちろんお客様の好みによってもおすすめの醤油は変わってくるわけです。

絹豆腐で食べ比べ

まずは何もかけずに豆腐そのままの味を楽しみます。おいしい豆腐はクリーミーで後味が甘く、それに比べると普通の豆腐はざらっとした舌触りで味がないように感じます。これだけ味の違いがあるのだから、相性の良い醤油も違うはずです。

おいしい豆腐◎ 普通の豆腐○
おいしい豆腐の場合には甘みをより引き立ててくれる印象。醤油が出すぎずちょうどよい調和。どちらのタイプの豆腐にもおすすめ。
おいしい豆腐○ 普通の豆腐○
万能にどの豆腐とも安定の好相性。おそらく嫌いな人はいないはず。濃口の中でも、すっきりとした味わいのものがおすすめ。
おいしい豆腐△ 普通の豆腐△
先ず醤油の塩味がきて、その後豆腐の味がやってくる。豆腐と醤油の一体感はあまり感じられない。
おいしい豆腐× 普通の豆腐◎
普通の豆腐にはよくなじんで、甘みさえ感じる味わいに。おいしい豆腐には再仕込同様に一体感が感じられず、豆腐の良さを活かせていない印象。

絹豆腐と醤油のベストな組み合わせは!?

おいしい豆腐には淡口で、普通の豆腐には溜がおすすめです。濃口は万能タイプでもちろんありですが、せっかくならいつもとちょっと違う醤油でお試しを。これらをふまえて、おすすめの3本がこれです。

おいしい豆腐を食べるならこれ

16
淡紫
淡口醤油の老舗がたっぷりの米麹の力を借りてまろやかな味に仕上げました。おいしい豆腐の甘みをぐっと引き立ててくれます。まさに素材を活かすことに徹した醤油。

普通の豆腐をおいしくする醤油

84
宝山 丸大豆たまり
原料は大豆と塩のみ。大桶三年仕込の味噌を搾った溜。醤油の濃厚なうま味が豆腐を包み込み、甘みさえ感じる味わいになります。

おいしい豆腐にひと工夫

86
えそ魚醤
ちくわの老舗と醤油の老舗との共同開発で生み出されたくさくない魚醤。おいしい豆腐をいつもとはひと味変えて食べたい方におすすめ。しょうがやねぎなどの薬味との相性は抜群です。

つづいて木綿豆腐!

木綿豆腐の場合、おいしい豆腐は大豆の香りも味もしっかり感じますが、普通の豆腐は苦みやえぐみが若干残る感じがしました。歯ごたえはどちらもしっかりしているので、濃いめの醤油の方が合う印象です。

 

おいしい豆腐○ 普通の豆腐×
おいしい豆腐の大豆の甘みは引き立ててくれるが、普通の豆腐だと苦味が強調されてしまう。
おいしい豆腐○ 普通の豆腐○
万能にどの豆腐とも安定の好相性。普通においしいけど、豆腐の味わいがしっかりなので、濃口の中でも濃厚な味わいのものがおすすめ。
おいしい豆腐○ 普通の豆腐○
しっかりとした食感と舌触りの木綿豆腐とは好相性。豆腐のうま味も醤油のうま味も感じられるよいバランス。
おいしい豆腐◎ 普通の豆腐◎
安定感あり。溜のしょっぱさはほとんど感じられず、豆腐のうま味と調和している。いちばんのおすすめ。

豆腐と醤油のうま味を味わう

43
鶴醤
深いコクとまろやかさを極限までの追求した醤油。しっかりとした食感と舌触りの木綿豆腐なら、豆腐のうま味も醤油のうま味も感じられるよいバランスです。

木綿豆腐を食べるならこれ

84
宝山 丸大豆たまり
原料は大豆と塩のみ。大桶三年仕込の味噌を搾った溜。木綿豆腐の濃厚な味わいにも負けないうま味。溜のしょっぱさはほとんど感じず、まろやかな一体感を楽しめます。

薬味があればさらにおいしくて楽しい

豆腐の種類はさまざま。食べ方もさまざま。ねぎやかつお節などの薬味が加わると、さらに味わいが広がるはずです。まだまだ奥が深い豆腐と醤油の世界。おすすめの淡口醤油や溜醤油の中でも銘柄が異なるとどうなるか、さらなる検証を続けます。