Menu
登録
メールアドレスを入力ください。

解除
メールアドレスを入力ください。

[職人醤油通信 vol.002]大豆の話

2008.06.02

職人醤油の高橋万太郎です。こんにちは。

醤油の原料の一つである「大豆」。
日本の年間の大豆消費量は400万トンといわれています。

さて、その内訳として、
【使用用途で一番多いのは何】だと思われますか???



正解は、「サラダ油などの油をとるための加工用」です。
その量は約300万トン(75%)にもなります。

続いて、
豆腐 49万トン
納豆 14万トン
味噌 14万トン
醤油 4万トン


正確には、油を絞った大豆を加工した「脱脂加工大豆」20万トンを加えた
約24万トンが醤油づくりに使用されます。

そして、
国産の丸大豆が使われる量は、
わずか500トン。


それほどまでに、
国産大豆を使用した醤油は貴重といえるわけです。




「自給率」という切り口で見てみると、
大豆の自給率は4%です。

ただ、これはサラダ油への加工用途の大豆を含みますので、
食用に限れば22%となります。

「自給率4%」と聞くと、
「昔と比べて、大豆の生産量が大幅に減少したんだな・・・」
と感じてしまいますが、

実際には、
昭和元年 作付面積39万ha →収穫量39万t
平成17年 作付面積13万ha →収穫量22万t

作付面積は3分の1に減っていますが、
単位当りの収穫量は上昇していますので、
トータルでの収穫量は半分も減っていないことになります。

単純に、昭和元年時の作付け面積に戻せば、
食用に限った自給率は70%近くになるのに・・・

と、あまりにも安易に計算機を叩いてしまいます。。。


またメールしますね。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

もどる

入門セットで、利き醤油

醤油が主役になるレシピ集

醤油の蔵元を探す

醤油を知って楽しむ一冊