Menu
登録
メールアドレスを入力ください。

解除
メールアドレスを入力ください。

[職人醤油通信 vol.025]謹賀新年

2010.01.05

職人醤油の高橋万太郎です。
新年あけましておめでとうございます。


昨年は職人醤油をご支援いただき誠にありがとうございました。
少し気が早いのですが、今年の4月でサイトオープンから2周年を迎えることができます。


これまで広告や宣伝といったものを、
ほとんどしてこなかったのですが、

 ・インターネットでの検索だったり、
 ・一度お試しいただいた方からのご紹介だったり、
 ・メディアに取り上げていただいたことがきっかけだったり・・・と、

様々な「きっかけ」から職人醤油をご存知いただけましたこと
大変嬉しく存じます。心から感謝申し上げます。



職人醤油に参画いただいている蔵は、
基本的に直接現地に出向いて探しているのですが、
多くがアポイントなしで飛び込むことが多いのです。

確かにちょっと非効率なのですが、

蔵独自のホームページなどを持っていて、
それなりに情報は集められるのですが、
その時の印象と、蔵を訪れたときの印象は大概が違います。

ホームページを見た時にはたいして印象に残らない蔵が、
実際には、「こんなにこだわった造りをしているのですか〜!」
って驚きの連発だったりと・・・

ただ、そもそもホームページを持っていない蔵も多いのですが・・・



とにかくその土地に出向いて、
地元の方だったり、地元の醤油蔵に、
「こんな醤油蔵を探しているんですけど・・・」と聞くと、

「あぁ、それなら○○さんのところだよ!」と教えていただけて、
その足で訪ねていく・・・すると、アポイントなしの訪問になってしまうというわけです。


それこそ、初期の段階では、
「インターネット?!・・・うちはそーゆーの嫌いだから・・・」
「100mlなんて小さすぎるでしょ?」
なんて反応が多かったのですが、

最近では、突然訪問しても、
「あれ?!知ってる・・・」なんて反応をいただくことも多くなってきています。

結構嬉しいんです。
この瞬間って。


これまで北海道・青森・九州以外の地域の醤油蔵には、
直接足を運ぶことができましたが、まだ私が出会っていない蔵はあります。
美味しい醤油を造りつつも、世間にあまり知られていない蔵が必ずあります。

これからも、常に「現場主義」で、「スピード感」をもって、
職人醤油の仲間を増やしていきたいと考えています。


本年もよろしくお願い申し上げます。


(追伸):
昨年末に、サイトに掲載した、
「年末・年始の限定5本セット」大変好評をいただいています。
よろしければ是非ご覧ください。
http://www.s-kura.com/?pid=17872323

・大久保醸造店 「紫歌仙」
・片上醤油 「焼もち醤油」
・足立醸造 「国産有機醤油を使った小さなだししょうゆ」
・岡本醤油醸造場 「かけ二段仕込み熟成三年」
・石孫本店 「百寿」

もどる

入門セットで、利き醤油

醤油が主役になるレシピ集

醤油の蔵元を探す

醤油を知って楽しむ一冊