Menu
登録
メールアドレスを入力ください。

解除
メールアドレスを入力ください。

[職人醤油通信 vol.87]ツイッターはじめました

2016.10.23

職人醤油の高橋万太郎です。こんにちは。

当店は女性スタッフが多いといいますか、
私以外は全員女性なのですが、
その働きっぷりはすごいなと日々感じています。


今回もお送りさせていただくような
二十四節気レシピなども、
レシピ考案から写真撮影の料理づくりまで
全てをせっせと担ってくれています。


特に前橋本店は子育てをしている
お母さんたちが多いこともあり、
出勤シフトなども設けずに、
来たい時に好きな時間だけ来てもらっています。

すると、「誰も来ない日とかないのですか?」と
言われることもあるのですが、
なんとなく皆が調整しあってくれて、
特に問題がなく、これが普通としてやってきていました。

ちょうど、今年の2月に松屋銀座店を出す時、
「シフトはどうします?」と店長から聞かれ、
「今まで作ったことがないからなぁ」と答えたら、とても驚かれつつも、
「さすがにこっちではシフトは作らせてもらいます!」と、
しっかりと釘を刺されました。





そんなスタッフと話している中で、
もっと直接情報を発信できる何かがほしいということになり、
ブログがいいのか、facebookにしようかあれこれ話し合っていたのですが
最終的にはツイッターにしようという事になりました。


まだスタートしたばかりですが、
二つの拠点の職人醤油スタッフたちがどんどんツイートしていく予定ですので、
ぜひフォローいただけますと幸いです。


◆職人醤油のツイッター
https://twitter.com/s_shoyu


ぜひ「#職人醤油」をつけて
ご感想や醤油の活用レシピを投稿いただけたら嬉しいです。

フォロー&リツイートさせていただきたいですし、
気軽に直接のコミュニケーションを
させていただけることを楽しみにしています。



-----------------------------------------
二十四節気レシピ
-----------------------------------------

10月23日は二十四節気の「霜降」です。

朝晩の冷え込みがさらに増し、
北国や山里では霜が降りはじめる頃だそうです。

2週間ほど前が「寒露」でしたので、
露が霜に代わって、だんだんと冬が近づいてきているということでしょうか。
栄養がつまった旬の食材をバランスよく食べて、寒さに備えたいですね。


出来上がったレシピ案を見ながら、
「青梗菜」と書かれていたところを、
「これ、なんて読むの?あおべんさい?」と
伝えたところ、かなり失笑されました。
チンゲン菜はカタカナがしっくりくる気がします。


それでは、「霜降」のレシピをどうぞ。


・ 青梗菜と豆腐のお吸い物
・ かぶのそぼろ煮
・ ししゃもフライ
・ りんごたっぷりポテトサラダ


◆二十四節気「霜降」レシピ
http://www.s-shoyu.com/howto/24/18.html



-----------------------------------------
新商品カテゴリー「みりん」の試食が好評
-----------------------------------------

前回も書かせていただいた
新カテゴリーの「みりん」。

前橋本店と松屋銀座店では
みりんも含めて全ての銘柄を
試食いただけるようにしているのですが、
スタッフがこんなことを言っていました。


「醤油とみりんだと、片付けするときの様子が違うんです」


試食の方法は、
お客様ごとに小さなカップに注いで
スプーンですくっていただいています。

醤油の場合は、スプーンですくえなかった分が
どうしても残ってしまうのですが、
みりんの場合は、ほとんどの方がカップに口をつけて最後の一滴まで飲み干していただくそうです。

そのまま飲んでも美味しいみりんです。


◆職人醤油 の みりん
http://www.s-shoyu.com/mirin/



-----------------------------------------
ヤマロク醤油の新桶初搾り
-----------------------------------------

定期的にお目にかかる方だと、
この職人醤油通信をご覧いただいていることが多いのですが、
前回のメールの後に、立て続けて3人の方に
「ヤマロクさんの、うますぎるってのが面白かった」と感想をいただきました。

その内容を前回そのままにもう一回お送りさせていただきます!





「なんか、うますぎるんです・・・」

と、興奮気味にヤマロク醤油の
山本さんから電話がありました。

昨年も好評をいただいた新桶初搾り。
今年のものは2013年に完成した新桶仕込みなのですが、
この桶には特に思い入れがあるのです。


2012年に桶づくりの修行に出かけ、
2013年に自分たちで組み上げたもので、
試行錯誤というか、てんやわんやだった4日間だったことを覚えています。

◆その時の様子をまとめたコラム(醤油屋が新桶をつくる!)
http://www.s-shoyu.com/howto/column/032.html





新桶だとうま味がでにくいと
耳することもありましたが、
いやいやとんでもない。

搾った醤油を分析してみたら、
通常よりもうま味の数値が高いくらいだということで、
冒頭のテンションの高い山本さんの電話につながります。

ロマンがたっぷり詰まった桶に
醤油が応えてくれたかのようなすてきな味に仕上がっていて、
純粋に「美味しい醤油」として十分にお楽しみいただけるはずです。

◆ヤマロク醤油の新桶初搾り
http://www.s-kura.com/?mode=cate&cbid=1965569&csid=16



-----------------------------------------
醤油に関するイベント
-----------------------------------------

[ 11月12日(土)13日(日)愛知県]
◆第7回 醤油サミットin碧南

元々は醤油関係者の集いだった醤油サミット
一般の方も参加いただける形にパワーアップ。

-----------------------------
11月12日(土)醤油関係者による総会
-----------------------------
その中でパネルディスカッションの司会をさせていただきます。(一般の方の参加可能です)

 (登壇者)
 ・こめみそしょうゆアカデミー 堀田雅湖さん
 ・CHIE'S KITCHEN 廣瀬ちえさん
 ・ヤマシン醸造 岡島晋一さん
 ・職人醤油 高橋万太郎(司会)

日 程:2016年11月12日(土)15時45分〜
場 所:衣浦グランドホテル

詳細はこちら
http://www.city.hekinan.aichi.jp/SHOUKOKA/syoyu/syoyutop.htm


-----------------------------
11月 13日(日)へきなん醸しフェスティバル
-----------------------------

碧南の醸造メーカーによる出店や
箍フープ選手権 愛知大会などのお祭り。
職人醤油もブース出展します。

詳細はこちら
http://www.city.hekinan.aichi.jp/SHOUKOKA/syoyu/syoyutop.htm


-----------------------------
11月 13日(日) 三河・尾張・讃岐の醸造蔵の蔵娘のトークイベント
-----------------------------

「醸造の聖地・碧南で蔵娘と語らい・味わう美味しい昼餉」
〜蔵娘とともに次代へつなごう!!日本の発酵・醸造食文化〜

(話し手)
 ・讃岐から醤油蔵 かめびし 岡田佳織さん
 ・尾張から日本酒蔵 澤田酒造 澤田薫さん
 ・三河からみりん蔵 角谷文治郎商店 角谷文子さん

 (聞き手)
 ・小豆島から 醤油ソムリエール 黒島慶子さん

日 程:2016年11月13日(日)受付 11:30〜
     お話 12:00〜13:00 お食事 13:00〜14:30
場 所:日本料理 小伴天(愛知県碧南市)
参加費:4,000円(税込・お食事とお土産付き)
定 員:40名

勝手に醤油サミット応援隊のページ
https://www.facebook.com/shirosyoyu2016/



-----------------------------------------
職人醤油のInstagram
-----------------------------------------

気軽にコメントをいただけて、
コミュニケーションできる場にしていきたいと思いますので、
気軽にメッセージお寄せいただけると嬉しいです!


ID:syokuninshoyu
https://www.instagram.com/syokuninshoyu/


また、メールさせていただきます。



------------------------------------------------------
[配信部数] 6,438

もどる

入門セットで、利き醤油

醤油が主役になるレシピ集

醤油の蔵元を探す

醤油を知って楽しむ一冊