白醤油

素材を活かすNo.1選手

醤油の中で最も色の淡い琥珀色をした醤油。主原料は小麦で熟成期間は短く、うま味も抑えてあるので素材を活かすための醤油という存在。炊き込みごはんに使うと醤油の色がつかず、お吸い物や茶碗蒸しなども彩り豊かに仕上がります。

全国的に見ても白醤油の専業メーカーは少なく、主産地といえば愛知県碧南市です。業務用途も多いですが一般消費者にも認知が進んできていて愛用される方も増えています。白醤油にだしを加えた白だしの認知度は高いように感じます。

主原料は小麦で独特の製法

濃口醤油は大豆と小麦を半分づつ使いますが、白醤油は小麦がほとんどです。小麦9割に大豆1割程度の比率が多いようですが、大豆を一切使わないものも。ただ、醤油の定義は大豆を使っていることなので、小麦のみの白醤油は醤油とは呼べなくなっています。

製法としては濃口醤油とは異なる流れになります。醸造期間は3か月程度と短く、大豆を炒って小麦を蒸します。諸味の攪拌は行わず、底に溜まった白醤油を引き抜く「生引き」(一番搾り)と、残った諸味を圧搾(二番搾り)をします。

基本は調理に使いたい醤油ですが・・・

料理にお使いいただくのがお薦め。醤油の色が付かないので豆ごはんや、お肉を漬けてフリッターなども。そして、素材の味わいを楽しみたいものに塩代わりに少量をかけるのもおすすめ。バニラアイスなどは塩アイス風に早変わり。

醤油を味わう

醤油レシピ集

醤油蔵を探す

もっと醤油を知る

もどる